バードウェルについて

 

1961年、 キャリー・バードウェル・マン(Carrie Birdwell Mann)さんが、彼女の小さなサザンカリフォルニアのお家をアトリエ店舗に改造したのが、バードウェルビーチブリッチズ(Birdwell Beach Britches)の始まりでした。 バードウェルさんのブランドは、サーフィン用のアクティブウェアショップの中でも元祖サーフショップです。 キャリーさんが夫と息子達と一緒に開いた 「Birdwell・バードウェル」の最初のお客様達は、ニューポートビーチのライフガード達でした。

バードウェルさんが一番最初にだした商品もまた、サーファーに人気で頑丈な2プライ(ply = 撚り糸)SURFNYL 素材のビーチブリッチズです。ハンティングトンビーチから 100着揃えたその後、バードウェルさんはシームストレス(針子)を雇い、家族と一緒に経営を続けます。バードウェル家の7人の子供達も活気に参加しました。

依頼 50年、何代ものバードウェル家の人々がバードウェルビーチブリッチズのレガシーを残します:赤いバーディーを振った遭難者が発見されたり、SURFNYL 製ブリッチを履いたサーファーが大怪我を凌いだり、30年前男性がバードウェルを着ながら海辺でプロポーズする等。

2014年現在、一代目バードウェル家に恥じないように、伝統を引き継いでおります。元のバードウェルさんのアトリエ店舗から拠点を移しましたが、今も工場はみんなが家族のように集う場所です。そして固定ファンは、お父さん達がしたように、バードウェルグッズを揃えようとします。

Birdwell ・バードウェルは機能性の高い、長持ちする衣服と一緒に、お客様のために確かな満足感を提供することをお約束致します。Birdwell ・バードウェル特有なデザインや、ダブルステッチというテクニックを生かし、質が良いサーフィン、セーリング、パドリング商品を置くのをこれからも当たり前にしていきます。